« 統計教育研修会 | トップページ | ようやく夏 »

2007年7月30日 (月)

ところ変われば…。

さて、総務省での懇親会での面白い話。

ひょんなことから、ご当地ならではの変な?めずらしい?習慣が話題になりました。

ことの発端は、鹿児島県の先生と話していた時のこと。

何気なく「やっぱり桜島の火山灰はすごいのですか?」と聞いたところ、「ああ、そうですね。」との回答。一緒にいた群馬県の先生が「鹿児島のお墓には屋根がついているんだってね。」というので、「え~!ホントに!?」と一同驚いたところ、本当でした。ただ、それは一部だそうですけどね。

「鹿児島では1ヶ月に1回はお墓参りに行くんですよ。」へ~なんで?「火山灰が積もるので払いに行くんですよ。」ああ~なるほど「長崎の人はお墓参りで花火をするそうですよ。」ええええ~!!!

で、長崎の先生に話を聞くことに。「はい。確かに長崎ではお墓で花火をします。」と、トリビア風には言わなかったけど、確かに事実。でも「ロケット花火とかはしませんよ。線香花火みたいなやつです。」だよね、そりゃあ。

「で、お墓の前でみんなで飲み食いするんですよ。」へ?飲み食い?シートとか敷いて?「そうそう。」ええ~どれぐらいの時間ですか?「新盆だと午後2時から6時ぐらいまで。」えええ~!!!みんなの反応をみて長崎の先生はけげんそうに「え?みなさんはどうなんですか。」「そりゃ、線香あげたり花あげたりしたら終わりでしょ。」と長野県の先生。大多数がうなづく。「ええ~!!なんでえ~!!」と驚く長崎の先生。

いやいやおもしろい。

その他にも「地域の偉人の誰を教えるの?」って話でも盛り上がりました。(って自分でふったんだけど。)

|

« 統計教育研修会 | トップページ | ようやく夏 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15951769

この記事へのトラックバック一覧です: ところ変われば…。:

« 統計教育研修会 | トップページ | ようやく夏 »