« 首が… | トップページ | 統計教育研修会 »

2007年7月18日 (水)

クラスの子ども

今年学級担任ではない私。子どもとのふれあいの時間がものすごく少なくなっています。まあ、前担任だったクラスの子や社会の授業で行くクラスの子、補欠に行って仲良くなった子とのコミュニケーションはありますが、所詮担任ではないのであまりいろいろ話せません。

うれしいのは、卒業した子どもたちがたびたび訪れてくれることです。おととい、昨日、今日と3日間連続で登場しました。

「この間のテストで…。」「M小出身のかっこいい子がいるんだよ!」「部活の先輩で…。」などと勉強の話やら恋愛の話やら、1年前に戻ったようです。このときは、私は少しだけ「担任の先生」に戻れます。「へえ!すごいじゃん。5教科でそんなに点数取れたら。」「やっぱ仲良くなるきっかけとか作らないとな。」

明日への活力をもらえます。「中学校の先生さあ…。」っていう話には何てリアクションをとったらいいか困りますけどね…。

やっぱりクラス担任は幸せです。ああ早くもどりたい。

 

|

« 首が… | トップページ | 統計教育研修会 »

「学級経営」カテゴリの記事

コメント

早くもどりたい、ですか…。
当分もどれないでしょうね。
(もしかしたら、二度と?)

教務主任は、大きなやりがいがある仕事だと聞いています。そのお仕事の一端をご教示いただけることも、こちらのブログにおじゃまする楽しみになっています。

投稿: かつのり | 2007年7月21日 (土) 18時59分

かつのりさん、コメント遅くなりました。

>当分もどれないでしょうね。
(もしかしたら、二度と?)

そんな、一番恐れていることを言わないでくださいよ。少し「そうかも」なんて思ってるんですから。ははは。

投稿: JJ | 2007年7月26日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15804614

この記事へのトラックバック一覧です: クラスの子ども:

« 首が… | トップページ | 統計教育研修会 »