« 原爆についての発言 | トップページ | 日焼けしてるぞ »

2007年7月 5日 (木)

司会者

いろいろな会議で司会を務めることが多いです。とくに校内での会議では。

昨年まで研究主任をしていたので、研究の計画の話合いとか、事後検討会でも司会をすることが多いです。

司会者の役割ってなんだろう?

話合いの進行をするのは当然なのですが、それだけじゃないですよね。会議に参加するメンバーが意見を出しやすくする雰囲気作り、意見を求めるフリ、論点を明確にするツッコミ、などなんだかお笑いに共通しています。

「他になにかありませんか。」「何でもいいので意見を出してください。」なんてフリはメンバーを黙らせるだけ。子どもの学級会でもよく見る風景です。フリはもっと具体的に。

「この手だてについてですが、○○○先生は前回の授業で同じ観点で手だてを取りましたが、どうですか?」

「授業者としては子どもの反応をどう見ますか?」

「去年、○学年だった○○○先生はこの辺どうやってましたか?」

いろんなフリを用意しておくといいですね。

さらに、「ああ~私は………と発問したら、全然子どもが反応してくれなくて困ったことがありましたねえ。視線が全然合わないんですよ!」と自虐的に落としたり。

うちの場合、初めは硬いのですがだんだん雑談的になってきます。そういう雰囲気が大事だと思っています。

今、事後検討会をワークショップ型で行っているところもあるようです。うちはまだですけど。今年の研究主任さんに紹介しようと思っています。

事前検討会を、模擬授業で行うことは昨年から行っています。これは先生方にも好評。管理職のウケもよかったです。子供の気持ちになって考えられるし、細かい補助発問や指示についても検討できるので、ベリーナイスです。

教師はやっぱり授業ですよ。私は教務主任になったばかりの4月あたりは、アル中のように禁断症状が出ていました。「ああ、授業がしたい!」と手が震え叫び暴れるので、個室に監禁されていました。(嘘)

今は5年生の社会科を任されているので、楽しく過ごしています。(本当)

話題がそれてきましたね。このへんで今日はやめます。

 

|

« 原爆についての発言 | トップページ | 日焼けしてるぞ »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15663221

この記事へのトラックバック一覧です: 司会者:

« 原爆についての発言 | トップページ | 日焼けしてるぞ »