« 2回目はいいような気もするが実は違う。 | トップページ | 年齢とモチベーション »

2007年6月 1日 (金)

教育再生会議で教育は再生するのか?

今日、ニュースで教育再生会議の答申(?)が報道されていました。

土曜日の授業OK,道徳が「徳育」になって教科になる、とか?

キャスターの「教科になるということは点数がつくのですか?」という質問に対し、メンバーの方が「いえ、そういうことではなく…。」と答えいたのですが、じゃあ何?教科にして何が変わるの?

土曜日の授業、ですか。ついに来たなあという感じですが、まあ授業時数が増えれば指導はやりやすくなるのは確かです。

でも、どうなんですかねえ。「学力低下」って騒いでいる「学力」は点数化できる「学力」ですよね。少なくともマスコミはそういう報道です。本来今の指導要領が始まった趣旨は「問題解決能力の育成」だったのですよね。私には、どうも問題解決能力は今取りざたされている学力には含まれていないように思えます。

低下しているのはTIMSSとかPISSAでの順位です。そこでいう学力が低下しているのではないですか?(まあ実際の問題用紙を見ていないので、即断できませんが。)

今、子供たちに必要な「学力」は何なのか?という議論が必要ではないかと思います。

 

|

« 2回目はいいような気もするが実は違う。 | トップページ | 年齢とモチベーション »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

順位が上の国を見て「ああいう国に、日本もなりたい」と思う国がいくつあるか、そもそも、順位の差に有意差があるのか、そしてほんとうに学力が落ちたのか。
検証が不十分なまま、イメージだけで進んでいますね。

投稿: かつのり | 2007年6月 2日 (土) 19時11分

だいたい上位はシンガポール、韓国、香港、台湾ですね。PISSAの場合は話題のフィンランドが上位に入っています。よその国でどんな層の学生が受けているのかはわかりませんが。
データから見ると読解力がここ数年で極端に落ち込んでいるのは事実です。
どんな問題だったのか、知らないので入手したいと思います。(できるのかな?)

投稿: JJ | 2007年6月 3日 (日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15281759

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議で教育は再生するのか?:

« 2回目はいいような気もするが実は違う。 | トップページ | 年齢とモチベーション »