« 初任研修の話 | トップページ | 効果10倍の<教える>技術 »

2007年5月10日 (木)

教務の仕事改革 その2

うちの学校に限らず,「会議が多い」と感じる人は多いのではないかと思います。

会議が多い原因は色々あるでしょうが,私が思うに「民主主義」にこだわるからではないかあと思います。ある程度は,係に任せないと。

ただ,任せて心配な人がいるのも現実。そこで,事前に係の先生とよく相談して問題点を出してしまうのです。それを相談すべき人(例えば校長,教頭)に話してしまって,任されてよい範囲を限定してしまいます。あとは関係者に話をして簡単に意見交換。どうしても色々な意見がでてまとまらないようなら,会議にかける。

ということを現在試みています。職員会議の前の運営委員会の案件は多くて3つ。時間は20分短縮。研究の会議は,3分の2に減りました。

できる限り,事務仕事と会議は減らして,授業に費やす時間を増やそう!

|

« 初任研修の話 | トップページ | 効果10倍の<教える>技術 »

教務のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15026806

この記事へのトラックバック一覧です: 教務の仕事改革 その2:

« 初任研修の話 | トップページ | 効果10倍の<教える>技術 »