« 今日も社会の授業 | トップページ | 教育再生会議で教育は再生するのか? »

2007年5月31日 (木)

2回目はいいような気もするが実は違う。

今日は5年生のもう一つのクラスに行きました。

同じ内容をもう一度授業できるというのは、いいですね。

前回の反省を生かしてよりよい授業ができる。

と、思っていたのですが、実は違いました。

やはりクラスの実態が違うし、同じ発問に対する発言も違う。

前回とは全く違った展開になりました。

子どもの発言を生かして、全体に話をふっていく授業スタイルをとっているので、当然と言えば当然なのですがね。

今日は、また違った終わり方になりました。

今日は最後に「なんで日本は一日一人あたりの水産物の消費量が多いのに、全体の消費量は中国の方が圧倒的に多いのだろう。」という、オープンエンドになってしまいました。

でも、休み時間になっても「中国は魚を使った料理が多いっちゃ!」などと話し合う姿が見られ、あ、この展開もまたいいのかなあと思いました。

授業は生き物ですね。改めて実感しました。

 

|

« 今日も社会の授業 | トップページ | 教育再生会議で教育は再生するのか? »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15271291

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目はいいような気もするが実は違う。:

« 今日も社会の授業 | トップページ | 教育再生会議で教育は再生するのか? »