« すっかり気が抜けている私 | トップページ | I believe »

2007年3月22日 (木)

子どもたちからの手紙

毎年,学年の最後の日に私に向けて手紙を書いてもらっています。

子どもたちも多分にリップサービスもあって,いいことばかりを書いてくれますが,それでもうれしいもんです。

今年は卒業学年ということもあって,感動的なメッセージが多かったです。

「先生が小学校最後の担任の先生でよかったです。」これが一番多かったです。はい,私も君たちの6年生での担任になれてうれしかったよ。

「『旅立ちの言葉』にもあるように毎日が本当に楽しく輝いていた日々でした。」うん,その通り。先生もそう思う。

「学校の行事になるといつもフルパワーでがんばってくれましたね。そのおかげでぼくもがんばれました。」そうそう,私は行事が大好き!でしたね。

「先生が担任だった4年生と6年生が一番楽しかったです。」これ,地味だけどすごくうれしい!

「おせじなんて一切ないから!本当にそう思っているから書いたんだよ!」ありがたい。先生もお世辞はないです。君たちとの日々は本当に楽しかった。

「先生のすることは何でも楽しくおもしろかったです。」「中学校に行っても先生の授業を思い出して頑張っていきたいです。」「先生の授業はいつも楽しく,分かりやすかったです。」「分かるまで教えてくれて,勉強が楽しくなりました。」「とくに社会の授業がおもしろかったです。討論したり,屋台形式で発表したり…。」授業ややったことを書いてくれるのはうれしいですね。

「毎日が楽しくて楽しくて…。前は学校が嫌いだったんだけど,先生のおかげで学校大好きになりました。」これはすごくうれしい!

お笑いも教えていたのでこんなメッセージも「私が一番印象に残っているのはおこっているときです。(ウソです!)本当に印象に残っているのは『笑顔』です!先生の笑顔はみんなを笑顔にできる魔法の笑顔だと思いマッスル!」「お笑いのアドバイスありがとうございました。」「先生に教えてもらったことは墓場まで持っていきます。」ははは。あと2ヶ月あったらもっとセンスよくなったかも。

最後に,涙した言葉。「先生みたいにプレッシャーに負けないような自分になりたいです。」これは,持病で休みがちだった子の言葉。これには涙。

「いつまでもぼくのことを見守っていてください。」「私の中で,J先生は最高&最強の先生でした!あらたまってはなかなか言えないけど,めっちゃ大切な言葉。『いつも,ありがとう!』」

みんな,ありがとう!

|

« すっかり気が抜けている私 | トップページ | I believe »

「学級経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/14353265

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちからの手紙:

« すっかり気が抜けている私 | トップページ | I believe »