« ほっとする | トップページ | ボランティアは人のためならず »

2007年2月 6日 (火)

どろろ

「どろろ」が映画化されるとは。

えらい昔ですよ。「どろろ」が漫画だったのは。たぶん,私が小学生だった頃です。TVでアニメもやっていました。主題歌がおもしろかったのを覚えています。「ほげほげたらたら,ほげたらほー,ほげほげたらたらほげたらぴー,紅い夕日に照り映えて燃える…に燃える馬,天下目指して突き進む…。」あ~うろおぼえ。

百鬼丸がかっこいいんですよ。クールで,しかし,信念がある。腕に仕込んだ刀を使った殺陣は子供ながら「すごい!こんなのもありかよ!」っていう感じで見ていました。あ~確か,小学○年生の付録で百鬼丸のパラパラまんががあったなあ!

映画を見てみたいけど,環境的に無理だろうなあ。

「手塚治虫傑作集」の愛蔵版の「どろろ」持ってます。せっかく村のために妖怪をたおすのに,その風貌から「出て行け!」と言われてしまう百鬼丸とどろろ。そんなシーンが多く,民衆の長いものに巻かれろ的な,日本人の愚かさがなんだか悲しいですね。そんな意味で道徳的な漫画でもあります。

漫画の方は,尻切れトンボのようなエンディングでしたが,映画ではどうなんだろうなあ。興味ある。(しかし,観れない!)

|

« ほっとする | トップページ | ボランティアは人のためならず »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/13814917

この記事へのトラックバック一覧です: どろろ:

« ほっとする | トップページ | ボランティアは人のためならず »