« ごめんなさい | トップページ | さて,出発 »

2007年2月23日 (金)

世界の国々

日本とつながりの深い国々について調べたことを発表する第1弾。今日はアメリカについて。

ネットや本で調べたことを,手書きやワープロでまとめ,パンフの状態にしました。意欲はすごく高かったのですが,内容が…。

やっぱり,WHAT・HOW的内容が多いですね。事前に,「つながりについて考えたことも入れてね。」とは指示しておいたのですが,どうしても他のところ(文化・生活)に目が行きがちでした。それなりにおもしろいのですが,でも,そこどまりです。「つながり」を意識した内容はほとんどありませんでした。(私期待のNちゃんは,そこを押えていましたが)

やっぱり,事前の授業でどれだけ意識させられるか,ですね。今回の場合,そこが不十分でした。

月曜日は,韓国・中国チームです。たぶん,似たような感じかなあ。

 

風邪も,少しよくなりました。さて,明日から郡山。「みちのく情報教育フォーラム」です。たくさん学んできますよ~。

|

« ごめんなさい | トップページ | さて,出発 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

JJさんメッセージありがとうございます。教育カウンセリングの考え方「育てるカウンセリング」を推進する1つとしして考え実践しています。参考になる1冊だと自負しています。よろしくお願いします。19年度全小社研宮城大会では運営部に所属し、裏方を担当させていただきます。研究の方は楽しそうですよね。大変でしょうが、ご自身の力を十二分に伸ばせるチャンスだと思います。あと一頑張り?ですね。
Eduブログの「Keyboy鍵の管理人さん」は研究部のボスのO先生ですよ(^o^)

投稿: やまかん | 2007年2月24日 (土) 00時10分

こんにちは。世界の国々について授業をしているようで、本当に頼もしい限りです。小学校の段階でいろんな国の文化を見る目を培えば、国際人への一歩となると思います。英語を話せるよりも、その国のことをどれだけ知っているか、ということが大事だと思います。なので、「つながり」も大事ですが、他国と日本とで「似ていること」(違うことは誰でも目がつきます)に注目して、僕は昔高校生に教えました。
アメリカンドリームなるものを追いかけて、アメリカにきて社会の免許を取得しましたが、数学の先生として雇われてしまったので、自分が昔教えていた世界地理のことを思い出しました。
また遊びにきます!

投稿: 高校教師@コロラド | 2007年2月25日 (日) 11時38分

やまかんさん,ブログの方にもコメントありがとうございます。本,いいですね。
全小社研,宜しくお願いします。ではでは。

投稿: JJ | 2007年2月25日 (日) 21時51分

高校教師さん,コメントありがとうございます。アメリカで生活している方からコメントをもらえるのはうれしいですね。「その国のことをどれだけ知っているかが大事」確かにその通りだと思います。
英会話よりも,日本のこと,その国のことをよく知ることが本当の意味での国際理解教育だと思っています。
また,のぞいてみてください。

投稿: JJ | 2007年2月25日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/14022639

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の国々:

« ごめんなさい | トップページ | さて,出発 »