« やってみました,竜の舞 | トップページ | 意外なところから… »

2007年2月10日 (土)

戦国武将の駆け引き

マイブームは,徳川家康。いろんな書籍を読んでいます。信長に妻と嫡男を切るように言われたことは初めて知りました。戦国ならではの「お家大事」なんでしょうね。

それにしても,武士の中では「恥」と「義理」ということが大きいのですね。無力ではあるけれど朝廷の宣下をとても大事にしたり,筋だからと攻めては道理に反するとか,名目にこだわりながらの自己実現。んー日本人だ。まあ今では日本の「恥」の文化も失われていますけどね。

それにしても長い。全部読むのに,5日間かかりました。次は,伊達政宗をリピートします。

|

« やってみました,竜の舞 | トップページ | 意外なところから… »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

秀忠が失敗したとき「信康が生きておれば…」と言ったとか言わないとか。
「恥」という文化、日本で大事にしたいものですね。

投稿: かつのり | 2007年2月14日 (水) 22時06分

かつのりさん,いつもどうも。
山岡・家康しか読んでいないので,そのエピソードは知りませんでした。へえ~。

投稿: JJ | 2007年2月14日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/13861286

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将の駆け引き:

« やってみました,竜の舞 | トップページ | 意外なところから… »