« 社会科の実践をふりかえって,その1 | トップページ | 子供の話はやっぱりおもしろい »

2007年1月 4日 (木)

2007年,始動

なんだか,すっかり休みモードでした。ようやくモチベーションが上がってきたので,2007年初投稿です。

さてさて,みなさま,あけましておめでとうございます。今年も,わたくしJJのブログをどうぞよろしくお願いいたしまする~,チョン,チョン,チョン…。(拍子木だよ!)

年末は大掃除やらお歳暮やら年賀状やらで忙しく,年始はやっぱりなんだかんだで大変でした(田舎なので)。

少しは読書もできました。とはいっても4冊だけ。読んだのは
「削除ボーイズ0326」方波見大志著(ポプラ社)
「佐賀のがばいばあちゃん」島田洋七著(徳間文庫)

「99.9%は仮説」竹内薫著(光文社新書)
「戦争を知らない人のための靖国問題」上坂冬子著(文春新書)
われながらびっくり。ジャンルがむちゃくちゃだ。

「削除ボーイズ」は,SFなんだけどいやにリアル。小学6年生が主人公なんだけど,生活描写が「あ~あるなあ」という感じがします。(ちょっと大人っぽいけど)いずれ映画化するのでは?

「がばいばあちゃん」は,有名なので省略。コンビニで目に留まって,3行読んでおもしろかったので買いました。

「99.9%は仮説」は,科学がメインの話ですが,考え方を学べます。あ,こういう考え方もできるなあ,と夜中の3時に納得。

「靖国問題」は,正直賛同できないところもあるけれど,大筋で納得。(これについては,のちほどコメントします。)東京裁判の映画は見たことあるし,納得できない。

あと,4日あるのでもう何冊か読めるかなあ。

↓ 

|

« 社会科の実践をふりかえって,その1 | トップページ | 子供の話はやっぱりおもしろい »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/13334626

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年,始動:

« 社会科の実践をふりかえって,その1 | トップページ | 子供の話はやっぱりおもしろい »