« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月26日 (火)

社会科の実践をふりかえって,その1

以前,UPできなたかった2学期の実践をふりかえってみたいと思います。

今日は,「日清戦争と日露戦争は,日本にとってよかったのか?」という論題での討論について。

いわゆるディベートではありません。自分の考えをもとに討論します。

「よかった」とする意見。
○二つの戦争に勝って,日本の国際的地位が上がった。
○賠償金などで日本の工業が発展した。
○勝ったことで条約も改正できた。

「よくなかった」とする意見
○たくさんの戦死者が出た。
○領土を広げてもそこにいる住民を不幸にした。

これに対して「どちらともいえない」という選択肢もOKにしています。当然の反応ですから。

討論では,
「たくさんの戦死者がでたのに,よかったというのはおかしいと思います。」
「でも,そのまま見過ごしていたら日本が攻められてもっとたくさんの死者がでたかも。」
「日本の地位が上がっても,死んだ人が多かったら国民は納得しない。」
「地位が上がって条約改正ができて,国民の生活も向上した。」
「領土が増えても,それは命とひきかえにしているだけ。」

戦争の本質は何?ということがだんだん浮き彫りになってきます。国のために戦うこと?国のため?家族のために?守るために?

しかし,このあたりまではよかった討論は空回り。ここからは感情論に走ってしまい,残念。

しかし,この討論が次の日中戦争・太平洋戦争の学習に生きてきます。それについては,次回に…。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスなのに…。

今日は12月25日。クリスマスです。

とはいっても,本来日本人には一部の方を除き関係ないはず。

そう。関係ないはず。

でも,ねえ!

なにもこんな日に「研究主任者研修会」を開かなくったって…!

 

と,いうわけで今日は一日缶詰でした。ははは。

まあ,それなりに収穫はあったけど(少し)。

でも,校内研究の理想的な進め方って今でもよくわかんないっすね。

型どおりではいかないし。指定校でも四苦八苦している感じ。

 

昨日,毎年恒例の明石家サンタを見てしまって,今日は眠かった…。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

クリスマス~♪

今日は完全休養日。

子供たちとクリスマス・ミニ・パーティー。

手づくりケーキを作り(あれ?日本語おかしい),ツリーを飾りつけ。

あと何年できるかなあ。

↓ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

天皇杯サッカー

今日は新任の時に一緒にサッカーを教えていたK先生といっしょに,恒例の天皇杯サッカーを観戦。仙台のユアテックスタジアムに行ってきました。

カードは「コンサドーレ札幌VSバンフォーレ甲府」でした。観戦歴で一番のサポーターの応援でした。いやすごいすごい。なかでもコンサドーレの応援はすごい。

ビッグネームがいない割りに(失礼)試合はけっこうスリリングで面白かった。J2のコンサドーレの元気がいい!結局2-0で勝ちましたね。

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

2学期終了&忘年会

さかのぼって書きました。(今は25日)

22日は終業式。一人一人に通信票を渡しながら頑張ったことを声がけしました。

その後は忘年会。私は当番ではないのですが,「ゲームの仕切りはJJ先生で。」というたっての希望(?)でゲームの司会。ネプリーグでおなじみの5人で答えるクイズや,十大ニュースの順位を当てて21にする「いいとも」のゲームなどやって盛り上がりました。まあ,性分ですかね…。

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

6の1の十大ニュース!

6の1の十大ニュースを選びました。

4月から12月まで,「あ~あれもあったねえ。」「あ,あれも!」「そうそう!」なんていいながら,各自5つ選びました。1位には5点,2位には4点,以下3,2,1とつけていき,結果上位になったもの10個を選びました。ちなみに,これは明日のおたよりで発表します。

第1位:○○○くんが転校!

第2位:楽しすぎた修学旅行!

第3位:JJ先生が担任になった!

第4位:ああ感動の劇「杜子春」

第5位:華麗な鼓笛パレード!

以下6位…。と続きます。

私が担任になったのが3位でした。びっくり!回答で1位に選んでくれた子供がけっこう多くてうれしい!と,でも,ねえ,冷静に考えるとまあ,いろんな意味がありますね。ははは。でも,いい方に解釈しよう。確かにサプライズかも。

中には,ちょっと話題になった「先生の結婚記念日」なんてのもありました。ははは。

子供によっていろんな見方があっておもしろいです。

 

2学期最後の授業は「靖国問題」でした。「日本の首相が靖国神社を参拝すると,なぜ中国や韓国が抗議するのか?」

ニュースで耳にすることも多いので,ほとんどの子供たちは「靖国問題」という単語は知っていましたが,内容についてはよく知りませんでした。昨日の宿題で,家の人に聞いてくるように言いましたが,家の人もよく知らない,という子供もけっこういました。

この問題は,複雑でいろいろな価値観がふくまれているのですが,やはり事実を教えずにはいられません。詳しくは,あとでUPします。

今週は欠席なし!明日もみんな来てよ!

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

私は前田利家らしい

社会科好きの子供たちが数人いるのですが,その子達から生年月日を聞かれました。

何すんの?「キャラ診断。」何の?「戦国バサラ。」

どうやらゲームの話らしい。

次の日,「先生,前田利家だってよ!」は?なんで?しぶい。

「でもさあ,先生って性格的には信長だよね。」どういう意味じゃい!

「え,そりゃあ…。ねえ。」怒りっぽいってか?

「なんだ,わかってんじゃん。」失礼な。

「んだって,怒ってる時,オーラでてるよ。」そうかな。

「先生,『是非もない。』って言ってみて!」なんで。あ,わかった。ゲームで信長がいうんだろ!「その通り!」「まあ,ゲームとはいえ多少は勉強に役立っているでしょ。」

ちなみにこのゲーム,主人公は伊達政宗だそうです。ん~私の大好きな伊達政宗。買ってみようかなあ…。

↓ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

あなたの1年を漢字1字で!

サトマサさんにならって,クラスの子供たちに「あなたの1年を漢字1字で表してください!」というのをやりました。

いろいろありました。子どもの発想っておもしろいですね。

「友」…友達と仲良くできたから。
「命」…いじめ自殺とかで,命の大切さを学んだから。
「楽」…いろいろ楽しいことが多かったから。

これが多かったです。おもしろいところでは,

「走」…マラソン大会で優勝したし,陸上大会やリレーマラソンにも出場したから。
「挑」…今年いろいろなことに挑戦したから。
「新」…新しい経験をたくさんしたから。
「成」…自分が目標としていたことが達成できたから。
「恵」…友達や先生に恵まれたと思うから。
「満」…生活も勉強も満ち足りていたから。
「色」…自分のいろいろな面を見ることができたから。

などがありました。「先生のは何?」と聞かれたので熟考の末,

「凄」にしました。6年生の子供たちの凄いところが発揮されたから,ですねえ。

 

個人的には「広」です。

ネットワークでの人とのつながりが広がったこと,雑誌原稿や単行本への執筆など,自分の可能性がとても広がった年でした。

来年はどうなるかな?

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

三光作戦~日本軍は中国で何をしたか~

未だに歴史をやっていることは,以前にカミングアウトしたので今回は堂々と書いています。この内容は先週の木曜日に授業したことです。

さて,表題の「三光作戦」とは何か。

三光とは,殺光,焼光,略光を指します。「光」とは「~しつくす」という意味です。中国軍(八路軍)のゲリラ作戦に悩まされた日本軍。八路軍は,軍服を着ずに一般民と同じ服装をしていた(便衣兵と呼ばれた)ので発見が難しかったそうです。それを発見するために,村を訪れた際に,村民に尋問・拷問をしたのです。見つけられなかったときに,半ば言いがかり的に殺したことも少なくありません。有名な南京虐殺はこの延長上であったと思われます。(南京虐殺については,歴史学者の間で虚構だったとの説もあります。)

私が持っている本「三光」には,当時中国にいた日本兵の手記が載っています。村民を拷問の末に殺してしまった内容がほとんどです。ガス兵器の実験台に使ったこと,少女を犯して見せしめにしたこと,妊婦の腹を割いて胎児を取り出したこと,釘で体を刺し拷問したこと,捕虜が逃げないように片足を切断したこと,捕虜を新兵の刺突訓練の実験台にしたこと,その凄惨たる光景は言葉を失います。こんなことを日本人がしていたのか…。人間の狂気の部分を目の当たりにし,表現に困るような暗澹たる思いになります。

このことは子供たちにも教えました。とはいっても刺激が強すぎるので,少しだけですが。これを教えないと中国の人々の反日感情や靖国問題を語れないと思います。

もちろん,このような残虐行為は何も日本軍に限ったことではありません。戦争と言う極限状況に置かれた人間の過ちはどこの戦争にもあることです。「自虐的歴史観を教えるべきではない。」という主張の波もよく知っています。しかし,この事実をどうしても避けて通れません。(大人でも,具体的には知らない人のほうが多いのかもしれません。)

このことについての歴史観は子供たちに委ねます。これをどう考えるのか,これからも日本人として生きていく私たちは,この事実をどう受け止めていくのか,今後とも考えていかねばなりません。

授業の方は,今日,戦後に入りました。私たちの祖父母,両親の世代が今の日本を作ってきたことを実感できるような内容にしていきます。

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

アンサンブル・コンテスト

今日は娘のアンサンブル・コンテストを見に行ってきました。音楽関係はうとい私でしたが,その辺はブラス歴10年の嫁がカバー。パーカッションが専門の娘のグループは金賞にはなりませんでしたが,まあ始めたばかりということで仕方ないか,という感じ。

会場で,中学生になった教え子数人に会いました。M中は出場したほとんどが金賞で,しかも,県大会に出場する6組のうち4組がM中なのです。これは,本当にすごいことです。やはり指導者ですね。まあ,プロのスポーツの世界でも指導者しだいですから,これは当然。

これを学級に置き換えると,子供の成長は担任しだい,ってことになります。確かにそうなのですが,私はやはり担任の手を離れてもその教えが根強く残っているような子供たちにしたいです。現在は6年生,中学校になっても教えたことが息づいているようにしていきたい,そう強く思います。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

1立方メートルをつくろう

けっこう前の話ですが,UPしていなかったので。

算数の体積の授業です。1㎥は何c㎥か?という内容。

「この,1立方センチメートルの積み木がいくつ並ぶかな?」
「ん~100個?」「もっとだよ。だって1メートルが100センチでしょ。」「10万個ぐらい?」「そんなに多くないでしょ。」「100万だ!」「何で?」「100×100×100じゃん。」

なんていうやり取りが続いた後,「じゃあ,並べてみよっか。」「え~!!ホントにやるの?」

ラッキーにもうちの学校には,1c㎥の積み木が大量にあるのです。

Dscf0047 次に次に並べる子供たち。そのうち…。

「あ,全然足りないっちゃ。」「ここまでで,何個?」

 

Dscf0050 結局,1段目すら並ばないということに気付き,そこで,ようやく実感します。

1㎥=1000000c㎥であることを。

算数は順調に進んでいます。子供たちの理解度も高い。月曜にテストします。

 

しかし…。社会。どうしよう…。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

岩本輝雄

トヨタカップが放映されています。私は,オークランドの岩本輝雄選手に注目です。岩本選手(テル)は数年前にベガルタ仙台に所属していました。そのときからのファンです。テルの背番号14番のユニフォームも実は持っています。

今日は,感慨深く見ていました。左足から繰り出される正確なフリーキックは,とても魅力的でした。中村俊輔よりもずっと前から左のファンタジスタといえばテルですよ。(あー文章おかしい。興奮気味。)

J1昇格の立役者で,ずっとベガルタにいてほしかったのに…。残念です。

今日の試合はテルらしさは,あまり出ていませんでしたが,2年間のブランクを考えれば仕方ないですね。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

ミシンとパソコンって似てる?

家庭科ではエプロンを作るという私には最も苦手とする活動が続いています。何が苦手ってミシンの調整です。

「先生~!来て下さい!」はいはい。あ~糸がからまったのね~。「先生~下糸がなくなりました~。」はいはい,こうやって巻いてね。「先生~!」あ~もう!

こんな感じで,最近の家庭科の時間はミシンと格闘。学校のミシンってなんでこううまくいかないんだろう。

パソコンの授業の時も,「先生~!来て下さい!」を連呼されます。「変なメッセージが出ています。」はいはい,これはダウンロードしてもいいかどうか,訊いているんだね。はい,お次は…。はいはい,画像はこうやってコピーするんだよ。

なんだか,同じような雰囲気です。

全体で指導してもやっぱり個別に指導しないと徹底しません。やり方が悪いんでしょうが…。

そろそろ,半分ぐらいの子供は完成していますが…。もう2日くらいは続きそうです。

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

昭和と戦争

恥ずかしながら,まだ歴史をやっています。第二次世界大戦のところです。

歴史と呼ぶにはまだ記憶も新しく,戦争を経験した世代の方もまだご存命なので学習としては深まりがあります。

私の両親も戦争を体験した世代です。

2年前に亡くなった父が,亡くなる3年ほど前に「昭和と戦争」というビデオ8巻セットを買いました。多くは語りませんでしたが,自分が青春時代を過ごした年月を思い起こしたかったのかもしれません。

父は「学校の授業でも使うだろうから買ったんだ…。」と,半分冗談っぽく私に言っていました。で,代金の半分は私が出しました。

そのときは6年生担任でもなかったので,特に気にも留めていませんでしたし,映像を見ることもありませんでした。

そして,授業で活用することになり,その映像を編集しようと思い,ほぼ全巻見ました。映像の持つ説得力はすごいです。戦闘機に爆撃される戦艦,艦載機に機銃照射される田園,火炎放射を浴びせられる人々,死体で埋め尽くされた南の島の海岸,逃げ場を失い岸壁から身を投げる人…。あまりにもリアルで,言葉を失います。

今回2度目の活用になります。戦争の悲惨さは,私にも実感できません。子供たちもそうでしょう。でも,映像を見ることでそれに少しでも近づければ,と思います。

貴重な戦争体験談や映像資料を残してくれた父に感謝。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

社会科スペシャルテスト

私が社会科で目指すのは「社会的な見方・考え方を育てる」ということです。授業ではいつもそのことをねらっています。

授業の中でも,もちろん評価するのですが,毎回学期末に「スペシャルテスト」も行います。設問は全部で4問。このテストは「教科書や資料集,ノートなど何でも見てよいです。」と冒頭に書きます。「ただし,人の頭の中だけは見ないでくださいね。」と言います。つまり,人の考えを参考にしては(カンニングは)だめよ,ということです。

2学期のテストの設問は
①信長,秀吉,家康の中で最も優れた武将だと思うのは誰ですか。
②徳川幕府が260年間も続いたのはなぜだと思いますか。幕府の政策を中心に考えましょう。
③日清・日露戦争は,日本にとってよかったか,よくなかったか,あなたの考えを書きましょう。
④2学期に学習した人物の中で,一番心に残っているのは誰ですか。

全て,理由を詳しく書かせます。大学の記述式テストみたいなもんです。1問25点で100点満点。

これは,おもしろいです。子供たちが歴史事象の意味をどうとらえたかがすごくよくわかります。設問については異論もあるかと思いますが,分かりやすくするために一番シンプルな形をとりました。

実は,これに関する記事を明日発売の社会科教育1月号に載せました。ご覧ください。(すいません,宣伝です。ははは。)

これまでの歴代クラスで最高得点は90点。70点とれば優秀です。それぐらい採点は厳しいのです。

評価の観点は,
①筋が通っていること。
②事実に基づいていること。(感情論はだめ。)
③多角的な視点をもっていること。

です。今回の最高点は80点でした。子供たちの回答は後ほど…。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

古畑任三郎

時には単調に授業が進んでしまうこともあります。こんな時はちょっとスパイス。

今日の理科の授業では「古畑任三郎」

「え~,あなたのさっきの発言ですが…。ふふふ…。ちょっと引っかかるんです。あなた,さっきこういいましたね。酸で金属が溶けると…。本当にそうですか…。そうじゃない場合もあるんじゃないですか…。」「ちょっとどうかな,今泉くん。」(と近くの子に当てる)

Nちゃんは,涙を流すほど大うけしてくれました。ははは。

 

今日はALTの先生(イギリス国籍)の英語の授業もありました。大盛り上がりで「Good!Good student!」「You are Good teacher!」なんて言ってくれました。まあ,うちのクラスは反応がいいのでやりやすいかも。

そういえば,前任校でのALTは,あの「モンキー・マジック」(西遊記の主題歌を歌っていたバンド)のギタリストのBJでした。彼とは仲良くしていて,一緒に飲みにいったり,地域のお祭りで「Happy Christmas」を彼がボーカルで私がギターを弾いて歌ったりしました。メジャーになってよかったね,BJ!

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

授業づくりネットワーク2月号

授業づくりネットワーク2月号の「あすの授業」をご覧になって,このブログへ来てくださった方,ようこそ!

授業で使ったパワーポイントはこれです!

「tanniryou.ppt」をダウンロード

ご感想などいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~大変だった

ココログのメンテナンスと,6,7,8日と市内の小中学校は,いじめ自殺予告のために24時間厳戒態勢だったのと,通信票でブログ・アップできませんでした。

いじめ自殺の予告が7日だったので,6,7日と夜も校舎の全ての照明をつけて,泊り込みという厳戒態勢でした。いやいや参った。

うちの学校ではもちろんそんな兆候もなく,また,結局市内全部何事もなく終わったのですが,まずは良しとしよう。やれやれ。

こんな取り組みをもっと報道してくれてもいいのに,相変わらず学校バッシングは続いていますね。最も,子供を載せたHPの事件をはじめ,変な教師が多いので仕方ないところもあるのですが。

↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

ふと気づくと…。

12月になったんだなあ…。と,のんきに構えていたら,キャラクター本の原稿やら,授業づくりの2月号原稿やら,懇談会資料やらに気がつき,あ~やばい!!!とあわてふためいているJJです。

と,いうわけで,今日はそちらの方をがんばります。はっはっは。

↓ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

プロジェクター購入

ようやくマイプロジェクター購入しました。

これです。CASIO XJ-S35

ワイヤレスでPCと接続できることと黒板モードが選択できることと,何ていっても価格(20万を切る!)とB5版サイズという小ささです。2000ルーメンなのは物足りないですが,教室で使う分にはOKです。

↓ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »