« 政治バラエティ | トップページ | 北朝鮮の核実験をどう教えるか »

2006年10月 8日 (日)

日本GP

前にも書きましたが,私はモータースポーツファン。なかでもF-1が大好きです。中学生の頃から見続けているのでかれこれ30年になります。TV中継は中嶋悟がフル参戦するようになってから,ほとんど見ています。

今日は鈴鹿サーキットでの最後のF-1,シューマッハーの最後の鈴鹿ということで,いつもより真剣に見ていました。

思えば鈴鹿ではいろいろなことがあったなあ。セナの大逆転優勝,セナとプロストの衝突(しかも2回),亜久里の表彰台,雨で2ヒートのデーモン・ヒルの逃げ切り優勝,そして中嶋の鈴鹿ラストラン…。

今回シューマッハーが引退です。1991年にF-1デビューしました。実はその年に日本で走っているんです。菅生で行われたF3000にスポット参戦しているんですね。このレース,たまたま見に行っていました。あ,もちろんお目当てはシューではなく片山右京。シューは慣れない環境,慣れないマシンで2位に入ったんです。そのときは「へ~,安定してるなあ。」ぐらいにしか思わなかったのですが,その後すぐF-1デビューしてびっくり!

どんどん世代交代しているなあと思います。どのスポーツも。

教育界はどうだろう。次の世代は育っているだろうか。ん~

↓ 

|

« 政治バラエティ | トップページ | 北朝鮮の核実験をどう教えるか »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/12208611

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP:

« 政治バラエティ | トップページ | 北朝鮮の核実験をどう教えるか »