« 日本GP | トップページ | 個人面談 »

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮の核実験をどう教えるか

北朝鮮が核実験を行ったのは,みなさんご存知のことと思います。「とんでもないことだ。」「核兵器の保有をやめさせねば。」的な論調が多いです。当然なことです。日本の安全がものすごく脅かされているのですから。いつ核ミサイルが飛んでくるかわかりません。

ですが,私はいつも思うのです。「なぜ,核を保有してはいけないのか。」

だって,アメリカもロシアもイギリスもフランスも中国も持っていますよね。しかもたくさん。自分たちが持っていて,「他のやつらは持つんじゃない。」っておかしくありません?

「アメリカやロシアなどの先進国は,核兵器を安易に使う国じゃないから大丈夫。」という理由だから,今,他の国も容認しているんですよね。「危険な国が持ったときに,それに対抗できないと国際社会が危険にさらされる。だから,先進国は核保有をしていいのだ。」という論理だと思うのです。1967年以前に核兵器を保有しているか,核実験をしている国を核保有国として認めるということが,核拡散防止条約(NPT)で定義されていますが。

でも,この体制で世界の平和が守られていないことは明白です。核抑止力だけは核を保有しようとする国は防げないということなのです。

あ,勘違いしないでください。私は北朝鮮の核保有を支持しているんじゃないですよ。ただ,説得力がないかと。向こうも外交の切り札として持ち出してきているのは明白。

アメリカだって,イラク戦争を見ると本当に冷静な判断だったのか疑わしい。

日本の立場は?アメリカのいいなり?だって,日本はアメリカの巡洋艦や原潜の核ミサイルのおかげで守られているんだし。

さて,問題なのはこの問題を子供たちにどう教えるのか?ということです。だって,矛盾してますよね。いろんな面で。核兵器を持つのがだめだったら,どこの国でももったらだめでしょ?というのが子供の理論。世界で唯一の被爆国である日本。この国に育った子供であれば,そんな考えは当然です。

なんか100%北朝鮮を非難できないなあ。今の国際社会情勢を考えれば,保有したらとんでもない!という気持ちですが,論理的に自分の中で腑に落ちない。

ん~困ったなあ。

↓ 

|

« 日本GP | トップページ | 個人面談 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/12217150

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験をどう教えるか:

» アルコール検知器販売 [アルコール検知器]
アルコール検知器販売。飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!飲酒運転撲滅キャンペーン実施中!飲酒運転の事故が多発しているためアルコール検知器を特別価格にて販売いたします。 [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 09時05分

« 日本GP | トップページ | 個人面談 »