« 宮城県沖地震 | トップページ | 悪夢だ…。 »

2006年6月12日 (月)

宗像教授伝奇考

以前から愛読しているのが,「宗像教授伝奇考」というマンガ本。

歴史の出来事を宗像教授が独自の視点から仮説を立証していく,

というものです。

マンガ本とは言っても,作者の星野之宣さんはかなり文献を読み,

史実をもとにストーリーを作ってらっしゃいます。

平将門を封印するための寺社の配置をしているとか,

アマテラス=卑弥呼なんてのもあります。

中国や西洋の伝説との関連を裏付ける話もあります。

「歴史のロマン」をマンガで味わわせてくれます。

他にも好きなのは「ヤマタイカ」。

「縄文人=原日本人は火の民だった。」

つまり,火山の元で暮らしていたので,火を祭る民だった。

というもの,日本の祭りの原点をさぐっています。

歴史好きな方はぜひどうぞ。

あ,でもあくまでもフィクションですよ。

 

さあ,今日はW杯。

サッカー大好きな私は今日一日日本代表ユニフォームを着ていました。

音楽の時間は「アイーダ」を鑑賞。

いっしょに「おおー,おおお,おおお」と歌いました。

戦闘モード突入です。

負けたら,明日は学校休むと子供に宣言してきました。(嘘)ははは。

|

« 宮城県沖地震 | トップページ | 悪夢だ…。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/10497848

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像教授伝奇考:

« 宮城県沖地震 | トップページ | 悪夢だ…。 »