« GWってこんなもん | トップページ | 社会科教育6月号 »

2006年5月 8日 (月)

だんだんつまらなくなってきた―理科編―

6年生は4年ぶりなんです。指導要領が今のものになってからのはずなんですが,

「あれ?これってなくなったんだっけ?」と思ってしまうものが多いのが理科。

「ものの萌え方」いや「燃え方」なんですけど,

スチールウールを燃やす実験がなくなっていて

「へえ~」とすご~くがっかりしてしまいました。

でも,こんなことでめげるJJ先生ではありません。

当然,たっぷり20分もとって実験しました!

子供たちの「お~!!」という歓声を聞き,満足。

「酸素がたっぷりだと鉄も火花を出すんじゃ~!!」

「鉄は燃えても二酸化炭素は出ないんじゃ~!!」

ということを学ばせました。

 

それにしても,昔あったいろいろな楽しい実験がなくなってがっかり!

昔は,なぜ温度が高い水が上に上がるかを確かめる実験もあったのに…。

光の実験も音の伝わり方の実験もみんななくなってしまった。

 

総合でやっちゃおうかなあ。

なんか,でんじろう先生みたい。

|

« GWってこんなもん | トップページ | 社会科教育6月号 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/9965762

この記事へのトラックバック一覧です: だんだんつまらなくなってきた―理科編―:

« GWってこんなもん | トップページ | 社会科教育6月号 »