« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月18日 (木)

アジアとの外交

「聖徳太子が日本で初めて使った○○とは?」

という発問で始めた授業の続き。

答えは「はし」です。

とはいっても,今のはしとはずいぶん様相が違っていました。

どちらというとピンセットに近いような。

 

で,その後「実は,はしを使う必要があったのです。それは,太子が中国に遣隋使を送ったからです。」とコメント。

子供は「???」

T「では,なぜはしを使う必要があったのでしょう?ヒントは中国です。」

で,自分の考えを書かせました。

C「中国ではしを使っていたからまねをした。」

C「大陸の文化を学ぼうとしていたのだから,はしを使うことも学んだ。」

C「仏教では,手で食べることを禁じていた。」

などなど,お~いいところついてます。

そんな中,どちらというと歴史に興味がないMちゃんが,

「手だと,はしたないのかなあ?」とつぶやいた!

T「おお!それはいい考えだ!」

そうなのです。

答えは,中国からの使者が来たときに手で食べていたら,

「野蛮な国だ」と思われるから,太子は役人たちにはしで食べる練習をさせたのです。

その結果,中国からの使者は「日本は文化の高い国だ。」と思ったそうです。

太子の「中国との対等な関係を望んだ政策」につなげていきました。

 

昔から日本はアジアとの外交に苦労していたのですね。

近いけれど,むずかしい隣人との付き合い。

今もそうです。

日中戦争のこともあるけれど,お互いがわかりあえるような関係になれるように,

子供たちに史実を伝えていきたいですね。

 

ちょっとちがう話ですが,

歴史ってどうしても興味関心に差が出ますよね。

教員の場合もその通りで。

だから,もっとライト感覚の社会科学習を紹介できないかなあ,

といつも思います。

社会が苦手な女の先生(偏見じゃないけど)とかでも,

楽しく授業ができるような本や雑誌があるといいなあと

思うんですよ。

大手のM図書あたりでやってくれないかなあ。

そうしたらもっと社会科学習の人気が出るのに。

 

バルセロナ優勝!ロナウジーニョを日本に帰化させよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

応援はお笑いで!

うちのガッコの運動会は21日なんです。

今日は総練習でした。

6年担任の私は応援の係です。わがクラスの精鋭部隊と共に10日ほど前から応援の内容を考えてきました。

「インパクトのある応援にするには,やはりお笑いだ!」

ということで,いろいろなお笑いネタを入れました!

3・3・7拍子にはHGの「フォー!」を入れ,

それからよくある「~の色は」「赤かった」というのをやめて

「赤組武勇伝」をやりました。

C1「トマトを毎日20個食べる。」

C2「そのうち顔まで赤くなる。」

C1「赤い果物,大好きだ。」

C2「バナナもメロンも赤くぬる。」

C1「赤組去年は大差で勝利。」

C2「赤組今年も大差で勝利!!」

C1「カッキーン!」

C2「赤組,カッコいい!」(ペケポン!)

もちろん合い間の「武勇伝,武勇伝,ぶゆうでんでんでんででん」は全員で。

 

ウケました。

団長のワッキーは,下級生にサインを求められるほど有名になってしまいました。

 

実は応援の内容に,「和田アキコ(あんの頃は,ハッ!)」とか

「わかめダンス(ナイーブのコマーシャル:お前の演技は世界一だよのやつ)」とかありましたが実現できませんでした。

私が考えた「食事~,睡眠,アカグミン」も却下されてしまいました。けっこうおもしろいと思ったんだけどなあ。

 

さて本番までにさらにアップグレードするのかどうか,明日の話合いにかかっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

やっぱりネタだ!社会科は面白い

社会科教育の6月号に原稿が載ったことは前回書きました。

改めて,じっくりと他の人の記事も読んでみました。

いろいろな主張があり,それぞれ筋が通っているものもあり,

ないものもあり,様々です。

自分の文章は…。

なんだか拡散的ですね。主張がぼやけた感じがします。

言いたいことは,「子供をどう鍛えるか」だったのですが,

でも,「どのような子供にしたいのか」が不明確でした。

 

で,自分のこれからの社会授業を考えると

やはりスタートはネタ。

いかに追究意欲を喚起するか,ですね。

昔読んだ本を引っ張り出してきて,思いを新たにしました。

読んだのは,有田先生の3冊。

「教材発掘の基礎技術」

「社会科の活性化 ― 教室に熱気を!」

「ネタ開発ノウハウ」(いずれも明治図書,教育新書 でも絶版らしい)

やはり,目指すはここだ。

 

ところで,話は変わって歴史の話。

星野之宜さんの書いた「ヤマタイカ」の中に

「日本人は伝わったものを巨大化する癖があるようだ。」

との一節があります。

例えば,巨大古墳。中国ではあそこまで大きくなかった。

奈良の大仏。実は聖武天皇が大仏を作ったのは世界一がほしかったからだというはなしがあります。

戦艦大和。あそこまでデカイ主砲は米軍にもなかった。

ん~おもしろい。他にもあるんじゃないだろうか?

島国だから,大陸に対するコンプレックスでもあるんだろうか?

 

さて,今年は目標にもあるように「新しい社会科の学習方法を開発する」ことに力を入れたいと思います。

今のところ,昔実践した内容でよかったものを行っています。

聖徳太子の導入は「太子は日本で初めて○○を使った人です。さて,今の日本人であれば誰でも使う○○とは何でしょう?」です。

中国からの使者をもてなすために,必要なものだったので用意させたそうです。

ここから遣隋使の話,天皇中心の政治の仕組み,などに発展していきます。

 

社会は2週間ほど遅れています。運動会でもっと遅れそう…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

社会科教育6月号

え~雑誌「社会科教育(明治図書)」の6月号に私の原稿が載っています。

「調べ活動を支える学習システムづくり

ー子供をどう鍛えるかー」という記事です。

社会科教育を志していながら,載ったのは初めてです。

遅咲き?ですね。まあ,自分らしいかなと思います。

原稿そのものは直されていなかったので,

いやいや編集の方に感謝,です。

よろしかったら,買ってください!なんてね。

 

ここ数日,体調も悪く,且つ忙しいので毎晩倒れていました。

気付かないうちに寝てるんですよ。これが。

あっ,ブログの更新を…!

とは思うんですが,とても体がついていかず,

さぼっちゃいました。

そのかわり,学級便りは頑張りました。

 

現在,学校では運動会モードフルスロットルです。

今日は6年生だけで入念に応援練習!

けっこう,面白いです…!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

だんだんつまらなくなってきた―理科編―

6年生は4年ぶりなんです。指導要領が今のものになってからのはずなんですが,

「あれ?これってなくなったんだっけ?」と思ってしまうものが多いのが理科。

「ものの萌え方」いや「燃え方」なんですけど,

スチールウールを燃やす実験がなくなっていて

「へえ~」とすご~くがっかりしてしまいました。

でも,こんなことでめげるJJ先生ではありません。

当然,たっぷり20分もとって実験しました!

子供たちの「お~!!」という歓声を聞き,満足。

「酸素がたっぷりだと鉄も火花を出すんじゃ~!!」

「鉄は燃えても二酸化炭素は出ないんじゃ~!!」

ということを学ばせました。

 

それにしても,昔あったいろいろな楽しい実験がなくなってがっかり!

昔は,なぜ温度が高い水が上に上がるかを確かめる実験もあったのに…。

光の実験も音の伝わり方の実験もみんななくなってしまった。

 

総合でやっちゃおうかなあ。

なんか,でんじろう先生みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

GWってこんなもん

今日,子供たちと仙台ハイランドに行ってきました。

普通にいけば1時間40分ぐらいなのに,なんと

3時間もかかってしまった!

ものすごい渋滞でした。

東北自動車道の比じゃない!

だって普通の国道なのに,動かない!

いやあ,びっくりです。

 

例年は妻の実家の八戸市に行くのですが,

今年は行く必要がないので(離婚したわけではありません)

「どこかに行きた~い!」というリクエストに応えたのです。

ゴールデンウィークに観光地に行くってこういうことなんだなあ,

と改めて知った次第です。

世のお父さん方,同情します。

ご苦労様でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

連休の狭間で

大型連休が始まっています。

ちなみにゴールデンウィークというのは映画協会だかなんだかが言い始めたとかで,休みの時期に大いに映画を見てほしいのでネーミングしたそうです。

なので,某国営放送では「大型連休」というそうです。へぇ~。

 

昨日,おとといとわがクラスの面々はイマイチしまらない感じでした。

4月当初に約束したこともややルーズになりがち。

だが,しか~し!そんなときこそ妥協しない!

もう一度理由を話し,納得させて約束し直しました。

 

社会は,時間に追われて何だか慌しい授業になっちまいました。

中国から伝わったものは何かを調べる,のでしたが,

見つけられない,読み取れない。ん~鍛えなおさねば。

というか,4年生で担任した子も半分はいるので,

指導が不十分だったということで深く反省。

いかんなあ。社会科における読解力が必要じゃ。

 

歴史の学習だと,どうしてもいろいろ面白いことをしたくて

時間がなくなってしまいがちです。

知識を確実に身に付けさせながら,興味関心ももたせるのって

少ない時間で行うのは難しいですね。毎回思います。

 

今日は完全休養日。娘と買い物。

新しくできたユニクロで服を買いました。

今どきの子供たちの服ってほとんど大人。

明日は子供たちと仙台ハイランドへ。混みそうだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »