« ようやく実をむすんだこと その2 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その3 »

2006年3月13日 (月)

大きな声で「楽しくなければ学校じゃない!」

家本芳郎先生が亡くなられたそうです。

もちろん,面識はありませんし,

直接お話を聞いたこともありません。

ただ,偶然にも今現在読みふけっている本が

家本先生の「<教育力>をみがく」

なのです。

私が今まで疑問に思っていながら,すっきりしなかったことが

この本ですっきりした,という感じのものです。

さとうかつのりさんのブログ

「楽しくなければ学校じゃない!」の元祖は

家本先生だということを,恥ずかしながら初めて知りました。

私ごときに引き継がれても,家本先生にとっては不本意かもしれませんが

受け継ぎたいと心に強く思いました。

これからも「楽しくなければ学校じゃない!」を信条に,

子供たちのために頑張っていきます。

家本先生のご冥福をお祈りいたします。

|

« ようやく実をむすんだこと その2 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その3 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

わたしも山形から、「大きな声で、楽しくなければ学校じゃない」でいきます。
トラックバックありがとうございました。

投稿: さとうかつのり | 2006年3月14日 (火) 20時07分

かつのりさん,コメントありがとうございました。
ともにがんばりましょう!

投稿: JJ | 2006年3月14日 (火) 21時29分

JJさん、TB恐縮です。

家本氏の著作はこの一冊しか私は読んでおりませんが、感銘を受けました。「楽しくなければ学校じゃない!」その通りですね。私は塾講師ですが、家本氏の著作を忘れず、学習指導に当たりたいと思った次第です。

投稿: VIVA | 2006年3月16日 (木) 16時05分

VIVAさん,コメントありがとうございます。
私もこの本しか読んでいませんが,この本はヒットですね。夢中になって読んでしまいました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: JJ | 2006年3月16日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/9076265

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな声で「楽しくなければ学校じゃない!」:

» 『〈教育力〉をみがく』家本芳郎 [本を読もう!!VIVA読書!]
指導力不足の教員が問題化しています。 本書は改めて「教育力」とは何か考えます。 議論の前提となる議論という感じです。 それによれば、「教育力」とは 「指導の力」 「人格の力」 「管理の力」 がその柱です。 読んでいて、教育内容によって 指導方法が具体的に議論されていて とても参考になりました。 また、同じ教育目標でも、 教師の個性によって指導方法も 異なっていてもいいんだということを知り、 ちょっとだけ安心し... [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 02時11分

« ようやく実をむすんだこと その2 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その3 »