« 宮城ウルルン滞在記その4 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その1 »

2006年3月 7日 (火)

やっぱり社会科は興味・関心

今,県の伝統工業について学習しています。

まあ,ちょっと遅いんですけどね…。

私の社会科はいつもこんなもんです。

 

今や石巻市となった雄勝町。

雄勝町は硯の産地として全国的に有名です。

全国のシェアの90%を占めているのです。

先週,雄勝硯の導入をしました。

今日2時間目。

副読本で大筋を学習して,質問したいことを挙げさせる予定でした。

ところが…。

雄勝の石を使ったものや,硯の失敗作を持参してきた子が

数人いたのです!

DSCF0059  

 

 

そこで,予定を変更してそれをじっくり見ることに。

どうもSちゃんのおばあさんが雄勝にいるとかで,

そのとき,いろいろと硯の破片などを拾ってみたらしいです。

Mくんは,書道で県で金賞をもらうほどの腕前です。

彼は,雄勝石を使った文鎮を持ってきました。

 

いやいや,興味をもってくれるのはうれしいですね。

私の秘蔵のスレート(屋根に使ういたのようなもの)や

装飾硯(彫刻がほどこしてある)も持ち出して,

「どうやって作るんだろうね。」

「普通の石と違うね。」

という感想を話し合いました。

 

やっぱり,社会科は興味をもたせることが一番!

それが追究の意欲につながるんですね。

NHKのプロフェッショナルにはまってます!

|

« 宮城ウルルン滞在記その4 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その1 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

授業のワクワク感が伝わってきますね。
やっぱり身近な教材には勝てないな~と思いつつ、じゃ、実際に足を運ぶのが難しいテーマに関して、いきいきとした映像をお届けするのが、私たちの仕事かな~とも思います。
がんばらねば!

投稿: さくあゆ | 2006年3月 7日 (火) 23時39分

スレートといえば、
粘板岩ですね。

理科でも使いますね。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

投稿: Y.Mochizuki | 2006年3月 7日 (火) 23時52分

>さくあゆさん,コメントありがとうございます。身近な教材ではあるのですが,現地は遠いのです。実は,NHKの番組を録画して例年使っています。すでにお世話になっています。ははは。
ただ,何年か前のものなので,ぜひ番組で雄勝の硯を取り上げてください。ネタとしてはおもしろいですよ。

>Mochizukiさん。いつも見ていただいてありがとうございます。スレートは,初任校の気仙沼で旧校舎解体の時にもらってきたものです。これが,教材としては大変おもしろく,「これなあ~んだ?」と見せると,子供たちの目が輝きます。

投稿: JJ | 2006年3月 9日 (木) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/8991906

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり社会科は興味・関心:

« 宮城ウルルン滞在記その4 | トップページ | ようやく実をむすんだこと その1 »