« 「追究の鬼」リターンズ! | トップページ | 子供の笑いのセンスって(その2) »

2005年12月 1日 (木)

子供の笑いのセンスって(その1)

 うちのクラスでは,給食の時にはしを忘れると,私からはしを借りることになってます。

   

C「先生,はし忘れたので,はし貸してください。」

T「いいよ。1本3万円ね。」

C「え~。」

   

(もちろん貸すんですよ)

というパターンが定番なんですが,

「いいよ。」「(代金を)貸しといて!」とか,知らんふりする反応もあります。

   

ところが,いつも明るいSちゃんは

C「え~,高~い!…じゃあ1本で食べよう!」

周りのC「おいおい。」「そっちかよ!」とツッコミ。

    

子供の笑いのセンスって,

時々想定の範囲外で,本気で笑わせられます。

      

↓ここまで,読んでくれた方,クリックしていただけますか?お願いしま~す。いつも,どうもありがとうございます。
      

|

« 「追究の鬼」リターンズ! | トップページ | 子供の笑いのセンスって(その2) »

「学級経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/7414286

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の笑いのセンスって(その1):

« 「追究の鬼」リターンズ! | トップページ | 子供の笑いのセンスって(その2) »